Cosmetic CompanyCosmetic Company

寄付について

【2016年12月16日】浄化室のある店舗はみんなの手でつくる

村中愛さんが、皆さまに心を変え意識を変え行動を変えるため、144,000人平和の祈りのために活動され講演会に行かれています。2018年は誕生の年ですから、土地の浄化のために店舗を建て、浄化室を作る準備に入らなくていけないのですが、講演活動に忙殺され、まだ何の準備も出来ていません。
浄化室を作るには大きな資金がいります。大量のレンガと大量の水晶、さざれ石が必要です。
協力して下さる方がいらっしゃれば、有難く協力してもらいましょう。

村中愛からのお願い

現在、埼玉の店舗は借地で浄化室は地面と直結せず、床の上に木枠を作り約2トンの水晶・トルマリン・アメジストのさざれ石を置いています。メシアメジャーは富士山の噴火を防ぐ為と土地の浄化のために埼玉周辺で富士山が見える場所で地面と直結した浄化室を作ることを望んでいます。
ただ、私も、株式会社アイラブストーンも2軒目の店舗を建てる経済状態ではないので困っていましたら、メシアメジャーから2軒目の埼玉店は皆様の寄付にお願いしなさいと言ってもらいました。
寄付金は1枚のレンガ代金115円以上ならいくらでもかまいません。ご賛同いただけます方は、自分に無理のない金額でご寄付をお願い致します。
現在、候補地として富士山が見える川越市と新狭山で場所を探しています。

【建物内訳】
土地…100坪 店舗と駐車場
建物2階建 《一階》店舗、浄化室、事務所、トイレ
《2階》セミナールーム、個人セッションルーム、トイレ。

【金額内訳】
土地…100坪×30万円=30,000,000
建物…50坪×60万円=30,000,000+2,400,000(消費税)=32,400,000
浄化室さざれ石…5トン×3,000=15,000,000+1,200,000(消費税)=16,200,000
合計78,600,000 (アイラブストーン手持ち金4,700,000)

【寄付目標金額】 73,900,000円
【期 間】 2017年7月7日~2018年8月18日

振込先
ゆうちょ銀行→ゆうちょ銀行
記号・・・16440-2
番号・・・13024451
名義・・・カ)アイラブストーン

他行銀行→ゆうちょ銀行
記号・・・648
番号・・・1302445
名義・・・カ)アイラブストーン


なお、寄付金をお振り込み下さる際、他の振込と混同するおそれがありますので、下記PDFファイルを印刷の上、差し支えのない範囲でご記入の上FAXしていただくか、その内容をメールでご連絡いただけましたら幸いです。
寄付金連絡用紙 (←クリックすると用紙が表示されます。)
FAX:088-831-0711 メール:mail:ilovestone.net

以下はメシアメジャーから届いた店舗に関するメッセージです。

メシアメジャーから届いた店舗に関するメッセージ

【2006年10月16日】浄化専門店を始める準備

このメッセージは本日、本人(村中 愛)に直接伝えました。本人に直接メッセージを伝えるのは、ほぼ1年ぶりです。
1つ目の内容は、早く元気になってメッセージを記録してくださいと伝えました。
2つ目は、2005年からのメッセージは日にち順に記録出来るようにまとめていることを伝えました。
3つ目は、2012年12月22日から土地の浄化・家の浄化・場所の浄化・人の浄化が大切なので浄化専門店をオープンすること。場所の手配と準備が大切と伝えました。
4つ目に、元気になる方法を伝えました。
5つ目に、小川さんがイワクラを買った後に大きな水晶が高知に届くので、あなたも水晶の販売をしなさいと伝えました。

【2006年10月16日】「はい」と「イエス」の返事

本日、この者に石の販売をして欲しいと頼みました。石の販売を許可しました。
でも、販売許可についても幾つかの約束事があります。
(一部省略)
10年経過した頃には、〝石の販売許可〞の必要性の意味が誰もが分かっています。
日本も世界も、自然災害で多くの方が亡くなります。人災で多くの方が亡くなります。
自殺や殺人者が増え、関係のない見知らぬ人を殺します。

闇の時代が来ます。
その前に土壌や土地の浄化が大事なのです。家や人の浄化が大事です。日本や世界の聖なる地に水晶を埋め、地球のエネルギーを上げる、変える必要があります。
2014年1月と3月新月が2回訪れます。
この時を境に宇宙規模の大きな扉が開きます。日本はアマテラスとくくり姫が同座されます。
なぜ、アマテラスとくくり姫が同座するのかは2014年にお答えしましょう。
 
55億年の進化の中に地球は幾度も進化して来ました。
破壊と創造が繰り返されました。そのたびに多くの自然が破壊されました。幾多の破壊は自然災害でしたが、今は人災で破壊される時に来ています。人間の心が荒れている中で真の幸福を知る人間が必要です。そのためにも水晶での浄化が必要です。

【2006年10月17日】浄化専門店の設計図

昨夜、店舗の設計図を送りました。
埼玉を中心に富士山が見える場所を探して店舗を作ってください。

【2008年8月1日】場所探し

(村中愛の言葉)
埼玉・栃木まで探しましたが思う場所が見つかりません。また土地感も無く、友人知人も少なくて困っていると、1軒目は友人知人の多い高知に店舗を建てなさいと言われました。

【2010年2月3日】店舗を建てなさい

今から石屋の店舗を建てなさい。1番建築費の高い業者で建ててもらいなさい。
店舗は信用と信頼です。業者3軒から見積もりをもらい1番高い建築費を打ち出してきた業者でお願いします。店舗の設計図を送ります。石の杜地上部分は六角形、見えない地下部分は4角形・8角形を使います。
-☆- -☆- -☆-
☆ 1番高い建築業者:積水ハウス 建物・塀の工事費 2,500万円 21坪
☆ 土地は別途代金:借地 

【2010年2月16日】店舗オープン日の変更

石の浄化専門店は2012年12月22日にオープンと伝えましたが日を変更します。
オープンは2011年1月11日 大きな災害が日本に迫っています。機材がなくなり高騰するので今年8月から工事を始め12月28日には完成していること。
未曾有なる災害です。神仏に祈り、平和を祈り、心の平安を祈りなさい。

【2010年4月15日】店舗費用が借りられない

高知県の大手銀行2行と某組合にお願いしましたが店舗建築費を借りられませんでした。
小川さんに相談すると3行とも頭取と仲良しだから一緒に行ってあげると言ってくださり、支店長さんが直接話を聞いてくれましたが数日後に断りの連絡が来ました。
困りました…。設計図は出来上がっているのに、工事代金を入れなくては前に進みません。

【2010年6月1日】メシアメジャーさんに相談する

何度も銀行に出向きました。行ける銀行は全て行きました。でも工事費を貸してくれる銀行が見つかりません。ほとほと困りました。
メシアメジャーに愚痴を言い、そして訊ねました。
「こんなに銀行に行ってもお金は借りられない。私のすべきことは全部したのに、あなたたちの言われる通りにして来たのに上手く行かない。どうしてよ!! と、口調を荒げて言いました。
2ヶ月以上銀行廻りしてヘトヘトでした。そして、「どうしたら上手くお金が借りられますか?なにか私に足りないところがありますか?」と聞きました。
すると『図面に神様をお迎えする神棚がない。定規を持ってきて事務所に神棚を作りなさい。この場所(土地)は〝出雲屋敷〟です。』と言われ、図面に定規で2ミリの神棚を書きました。
書いてすぐ、ほんの2~3分後に私の携帯電話が鳴りました。見たことの無い電話番号でした。
出ると家から3分で行ける銀行からの電話です。「本店に店舗の借入書類を出した方ですか?すでにお金は、ご用意出来ましたか? 私どもの神田支店で借入してもらえませんか!」と支店長直々のお電話をもらいました。図面に2ミリの神棚を定規で書いただけなのに…、不思議なことです。2ヵ月半の銀行周りは何だったのか…。

【2010年9月3日】店舗を建てる

日本には大きな出来事が起こります。
2012年12月22日のオープンでは機材や備品が足りません。大きなことが起こる前に店舗を建てなさい。

何が起こっても驚かないでください。
さぁ急いで準備を始めましょう。
大地につながる石の浄化室を造ることが大事です。水晶は土地の浄化をします。
これから先、土地の浄化が大事です。年内に店舗を完成してください。
浄化室には2トン以上の水晶を入れます。店舗は本来、富士山が見える埼玉が先なのですが…。
まず、高知に水晶の浄化室を造ってください。
あなたなら出来ます。あなたなら大丈夫です。
水晶はすべてを浄化します。

【2010年12月28日】石の杜と六角堂

出来上がりました。石の杜が完成しました。大変嬉しいよきことです。
石の杜は地下に向け、六角堂は天に向け造ります。場所は少し離れていますが、宇宙から見れば天地はつながっているように見えますから、何の問題もありません。大丈夫です。天と地をつなぐエネルギーが必要です。
石の杜が出来上がりました。さぁ次は六角堂の建築時期が来ました。新年明けの2015年2月3日からスタートしてください。日本の磁場を変える時が来ました。
-☆- -☆- -☆-
☆ 私の感想…設計図の図面に合わせて作りました。石の杜の設計図は積水ハウスの部長さんが見られ、「どちらの業者さんに設計図を頼まれましたか!? 凄いです。完璧な図面で驚きました」と言われました。まさか宇宙から図面が降りてきたとは言えず(笑)
☆ 値段以上に満足できた建築ができました。窓も天窓もあり、開放感があります。

【2011年1月3日】おかえりなさい

お金がなくても大丈夫、村中さん1人を苦しめることはしません。
協力者がいなくても大丈夫、村中さんの側には多くの協力者がいます。
ご商売をした経験がなくても大丈夫、村中さんの側には経験を積んだスーパーアドバイザーを配置します。
大丈夫、村中さんは笑いながら、みんなのお母さん役をしていればいいのです。
お母さんが両手を広げて、帰ってくる子供たちを“おかえり”と迎えてあげればいいのです。
幸せは遠くになくて足元にありますから、大丈夫。
謙虚に、“ありがとう”“よかった、助かります”と言えば足元にいっぱい幸せの玉が転がってきます。みんな両手いっぱいのお土産を持って帰ってきます。
お店を開く、浄化室の準備が整いました。オープンします。

【2011年1月11日】アイラブストーン オープン

嬉しい時、楽しい時、笑いたい時、寂しい時、甘えたい時、困った時、悩んでいる時、苦しい時、話を聞いて欲しい時…。
ここに皆が帰る場所ができました。

【2016年12月16日】浄化室のある店舗はみんなの手でつくる

村中愛さんが、皆さまに心を変え意識を変え行動を変えるため、144,000人平和の祈りのために活動され講演会に行かれています。2018年は誕生の年ですから、土地の浄化のために店舗を建て、浄化室を作る準備に入らなくていけないのですが、講演活動に忙殺され、まだ何の準備も出来ていません。
浄化室を作るには大きな資金がいります。大量のレンガと大量の水晶、さざれ石が必要です。
協力して下さる方がいらっしゃれば、有難く協力してもらいましょう。

【2017年3月1日】浄化室を作る

メシアメジャーの全集本の売上金で埼玉に店舗を建築してもらいます。
富士山が見える場所で日本のエネルギー交換のために建てます。私たちが建てるのではないので、建てて欲しいと願っています。店舗の内装には水晶パウダーや水晶水(ケイ素水)も使用してもらいます。石の杜には水晶とトルマリンが5トン必要です。浄化と癒しの空間を作ります。

本を読まれた方、
内容に感銘を受けた方、
村中愛さんにセッションを受けられた方、
日本や世界の平和を願う方、
自分は動けなくても寄付金なら出せると思っている方、
自分のお金を次の世代につなげたいと思われている方、に寄付のお願いをしたい。

寄付金は155円からなら、いくらでも良い。
あなた達の善意の心で、メシアメジャーの伝える浄化室(石の杜)を村中愛さんと一緒に作って欲しい。

日本は幾多の戦いで土地にマイナスエネルギーが今も残っている。
土地の大掃除をする為に大きな浄化室が必要だ。土地・身体の浄化と癒しが必要だ。

村中愛さんの、心と同じ思いの文章を見つけたので書きしるす。
郷土の坂本龍馬氏の言葉『俺は着実に物事を1つずつ築き上げてゆく。現実に合わぬことはやらぬ。』土佐の、いごっそう(男性)・はちきん(女性)一筋縄では動かないので、一緒に動き、頑張って欲しい。