Cosmetic Company

有料メルマガ

メールマガジン『愛の便り』のお申込みはこちらから

1週間に1回、早く伝えたい

2021年1月16日で有料メルマガを始めて50回目になります。最初は1人で1ヵ月に4回も出せるだろうか、メシアメジャーからの最新メッセージも週2~3個発信できるのだろうかと、とても心配しました。ですが、実際にはメッセージはほぼ毎日届きますから、出すメッセージが無くて困ったというようなことはありません。 

2020年は580編ほどメッセージが届きましたが、発信するメッセージは200編弱なので、約380編は人に読まれることもないままお蔵入りです。

ちなみに、今把握しているメッセージの数は約2900編あります。
少しでも早く皆さまにメッセージが届きますように今夜も打ち込みをしています。

過去のメッセージと新しいメッセージ

1987年からメッセージを打ち始めて34年目に入りました。最初はチンプンカンプンだったメッセージも最近は意味がよく分かるようになってきました。そうです、メシアメジャーのメッセージは義務教育課程の理解力があれば誰でも読んで理解できます。是非、お読みください。

『メッセージ』
【2008年8月8日】 日本人、早急になすべきこと① (出てきたメッセージ)
日本人男性は電車に乗り、会社に行き汗水流し働いていることで妻や子供、家族を養っていると思っているのは大きな間違いです。
日本は危機です。日本も世界も貧国と食糧難、自給自足できない国は滅びます。
日本の東京には畑はほとんど見られません。47都道府県の中で自給自足をテーマに農作業している県はありません。開発とは何か考えましょう。
家族が1年分食べる食料を作ることが大事です。自給自足しなくては生きていけません。
自分の農園持っていますか? トマトやナスやキューリも自作の物を食べていますか?
スイカやトウモロコシ、ジャガイモも自宅の畑の物を収穫して食べていますか?
庭には放し飼いのニワトリとヤギがいますか?
野菜と果物を自家採種・自家栽培・自家採取しなければ生きていけない時代が来ます。
国は守ってくれません。
もう一度言います、国は国民一人ひとりを守ってくれません。食べ物は家族で作り、両隣3軒で分け与えて食べる時が来ます。必ず来ます。

【2008年8月15日】 日本人、早急になすべきこと②
家を建てましょう、自分の力で家を建てます。自分で建てる家、お金を払うのではなく、自分の知恵と身体で建てる家です。
このまま気候変動や国際関係が悪化し、輸入に支障が出た場合、日本は持ちこたえるでしょうか?
100%輸入に頼っている日本が生き延びられるのでしょうか? 米も作れない・野菜も果物も作れない。
家も建てられない、電気の配線もできない。魚も獲れないのに。
『自給力』がない国は滅びると何度もお伝えしてきました。
家も自分で建て、修理する。電気の配線も自分。車やバイク、自転車のパンク修理までします。
小船は自分でも作れます。釣りの道具も自分で作れます。畑や田んぼを拡大し、率先して自給自足しなければ間に合いません。